みずさわすいが、星からのメッセージとヒントを綴る、読み物サイト

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

満月のメッセージ、引っ越しました!

満月のメッセージ、引っ越しました。

以下のサイトにて掲載/更新しています。

http://suimizusawa.petit.cc/lime


よろしくお願いいたします♪

みずさわ すい

本物の自分である時、世界のすみずみまで、すべてが本物なのだ。

家族、恋人、友人、知人。

人びとの想い。

ものとその佇まい。

音楽、映画。

食べ物、味。

景色。

言葉。

匂い。

肌触り。

一瞬の光。

リズム。

コード進行。


何でもいい。


「これ本物だ!!!」と思える瞬間と、その瞬間をもたらしてくれる「何か」。自分にとって「本物」であってくれる有形無形のさまざま。そうした存在は、本当に、とても有り難い、得難いのだと、ふと思ったのだ。



そうだ、今年のテーマは「オーセンティック」にしよう。


Authentic=本物の、真正の、信頼できる。

偽物でないもの。まことのもの。



折しも土星はさそり座にあって、2014年もクリスマスイブまで滞在を続ける。さそり座と言うと「嫉妬深い」「疑り深い」などといったイメージが先行するかもしれない。けれど、それもこれも「オーセンティック」なものを見極めるためなのだと、わたしは思う。


「本物」を見極めるだけの洞察力に裏打ちされた審美眼をさそりは持っている。鋭いのだ。嘘は見破られるし、偽りは糾弾される。それは時に、本物であることを信じたいがために疑う、というカタチを取ることもあるのだろうが、本質は疑うことにあるのではない。本物を見極めたいという願いにこそ、さそりの世界の本質があるはずだ。


土星はしっかりと腰を据え、ひとつのことに向き合うべく、わたしたちを導く。それを「試練」や「課題」と呼んでもよいのだろうけれど、そうやって腰を据えることなくして、何らかのテーマをきちんと消化し、自分のものにすることはできないはず。土星はいつであっても、わたしたちの最大の味方なのだと思う。


本物であってくれるものたちに対して、本物である自分を表すこと。自分の本物を自分で偽らないこと、裏切らないこと。自己欺瞞はかくも容易いけれど、自分自身を完全に欺くことなど不可能だ。オーセンティックでない自分のことは、誰よりも先に当の本人がどこかで気づいている。そして、本物でない自分のことは、やっぱりどこかで愛せなかったりする。本物であることを、わたしたちはどこかで怖れる。一番を避けて、二番で手を打とうとする。大切な一番を失うのが、損なうのが、怖いのだろう。けれど、本物であること以外に、道は拓けていない。わたしたちは何度でも、この扉の前に引き戻される。



本物の自分である時、世界のすみずみまで、すべてが本物なのだね。


お星さまのくすり箱 満月12のメッセージ (12/17)

12月17日満月から1月1日新月まで


ふたご座の満月。そして、もうすぐ冬至です。冬至の夜、わたしたちはもっとも深い暗闇にあります。その暗闇は、大切な光を見つけるための、宇宙の計らいであるのでしょう。いて座の季節からやぎ座の季節へと宇宙はグラデーションし、そして、誰もがとても大切な何かをこころを期すであろう、元旦の新月が訪れます。



▷おひつじ座

「使命」を目の前に、わたしたちはやっぱりちょっと怖じ気づいて、でも結局は、腹を括ってそれを受け入れるが唯一の道なのだと、最後には気づくのでしょうね。あなたはもう十分に気づいていて、扉を開いてその先に進もうとしています。その少し手前で、いくつかのメッセージを受け取りながら、呼吸を整えるタイミングであるようです。



▷おうし座

高く舞い上がる前に、自分の欲望を見つめ直しているのかもしれません。欲することも、求めることも、悪いことでは決してありません。透明な光のように求め、透明な光のように欲すること。その時、欲望は、もう欲望ではなく、きっと祈りであるはずです。



▷ふたご座

半年前に誓った何かが、あなたの中で満ち、グラスの縁からこぼれ落ちて、その姿を現します。こころが満ちる時、それは意志となって湧き上がり、行動として姿を成します。清らかな大地に、祈りの種を蒔く。たわわに実った果実は、いつであってもあなたが育んだ祈りの姿です。



▷かに座

こころの奥底、深いところで、何かが大きく満ちるのを感じるのかもしれません。それは目には見えず、言葉でカタチをなぞることもできません。茫漠とした想いの連なり。大切なひとたちを、よりくっきりとした視線で見つめているのだろうと思うのです。その確固たる明晰さには、想いの連なりが脈々と流れています。



▷しし座

少しずつ内を向こうとしている自分に、どこかで気づいているのかもしれません。大きな声で歌いながらも、その音の音程に、耳を澄ましているあなたがいます。自らを整えてこそ、うつくしい音を奏でることができる。わたしたちは生命を持った楽器なのですから。



▷おとめ座

足元を踏みしめて、自分の依って立つところを確かめているあなたがいます。それは、土台を蹴って、広い世界へと飛び出そうとしているから。情熱的に確かめ、そして、確実にジャンプをするのがあなたです。繊細で緻密な判断は、いつであっても大地の営みの、その厳格さがもたらしているのです。



▷てんびん座

少し前に出会ったことのあるテーマが、また、あなたのもとを訪れているのかもしれません。あなたはよりゆたかに、よりやわらかに、そのテーマを見つめているはずです。家族、拠点、大切な居場所、そうしたことにおいて何かを決意しようとしているのかもしれません。その手前での、逡巡であるように見えます。



▷さそり座

想いがたっぷりとあなたのもとをめぐっていますし、そこにあって、自身の五感に県名に耳を澄ましているあなたがいるようです。「感じること」には、本来は名前はありません。えも言われぬ色彩のグラデーションは、名前を持ちません。その曖昧模糊とした空間に、名前が与えられることで、わたしたちの世界が創造されてゆきます。あなたは今、その名前を考えているところであるように見えます。



▷いて座

忙しく舞い上がり、駆け巡る時。それは、自らの生命を動かし、炎を燃やすことで、あなたの世界に息吹を与える行為であるはずです。あたたかな大地だけが、種子を育むことができます。あなたが見たいと願っている草木が何であるのか、あなたはそれを、今まで以上にくっきりと認めているところなのかもしれません。



▷やぎ座

新月を前に、自分自身を見つめているやぎ座さんがいます。こころの奥底に、何を抱えているのか。等身大の自分自身とはどんな存在であるのか。奥底と表面、それぞれの姿を合わせた時、鍵と鍵穴がぴったりと合って、あなたという扉が開きます。あなたは、今まさに、その扉を開こうとしているところであるように見えるのです。



▷みずがめ座

宝物たちを並べて見つめているうちに、それらは溶け出して、ひとつになってゆきます。違うことのように見える物事、人々の内に宿った、ひとつの同じ本質。その本質と本質を、星と星を結ぶようにつないでゆく時、すべては溶け出してしまうのだろうと思うのです。その、やさしく光に満ちた世界に、この先のあなたが必要とする何かがあるようです。



▷うお座

仮にそれが好きなことでなくても、しっかりと責任を負って、何かを果たそうとするのは、それを超えて、超えることでそれを愛するためであるはずです。愛は自由で、自由は愛です。超えてゆくことは、もっとたくさんを愛すること。愛に、自由に触れる時、あなたのこころにひとつの想いが湧くはずです。あなたにとっての理想と呼んでもよいそれは、この先のあなたの、大切な道しるべとなるはずです。

お星さまのくすり箱 満月12のメッセージ

今回は、うつくしい月に誘われて、満月のインスピレーションでつづりました。星空全体としては、23日に太陽がいて座へイングレス、地と水のサインに天体が集まっていたところから、火の世界に炎が灯ります。今は想いを整えて、事象の世界へと注いでゆく季節。そして、その潤った、あたたかな大地から、あらたな希望の炎が生まれるのだろうと思います。



おひつじ座


大切な「誰か」に預けた何かが、あなたの庭でたわわな実を育んでいるのを知るのでしょう。「預けること」はどこか「失うこと」に似ていて、けれど、溢れる「信頼」が、そこに魔法を掛けるのだろうと思うのです。



おうし座


たくさんの力を得ながら、大切な花が開くのを目撃するはずです。「種を植える」行為が、いつの日か、あなたの内で密やかに行われたからこそ、その花はこうして美しく咲く時を迎えたはずです。潜在意識はわたしたちの秘密の花園なのですね。



ふたご座


自分自身の「等身大」を知ろうとしているのだろうと思います。それは、ここ1年ほど、そしてこの先1年ほど続くテーマ。等身大を知ることは、鍵穴にぴったりの鍵を見つけるようなもの。そこで扉が開きます。そのことに通じる何らかのインスピレーションがこころに満ちる時であるように感じます。



かに座


あなたのたっぷりの愛情が広がって、何らかの状況を満たすように見えます。「満ちる」時、そこには変化が起こります。「溢れる」ことで、そこには美しい波紋が広がります。誰かに気づいてもらうこと。そこからはじまることが、たくさんあるのですね。



しし座


あなたが尽力してきたこと、たぶんきっと「家族」のこと、そうしたことが何らかのカタチを成すのだろうと思うのです。自分が何をしようとしていたのか、何を人に与えようとしていたのか、担おうとしていた役目が何であったのかを知る時こころが満ちます。カタチを成すとはつまり、こころが満ちることなのだろうと思うのです。



おとめ座


力に満ちた季節を進んでいます。誰かや何かとのときめくような出会い、そうしたことからエネルギーを得ながら、あなたの中があたたまってゆくように見えます。満月は、あなたに何らかの哲学的なヒントをもたらすはずです。それもまた、あなたを動かす燃料に変わってゆくはずです。



てんびん座


「欲すること」と向き合う季節です。ここにあってほしいこと/ひと/ものに意識が向かう時、その背後にある「欲望」の深い「根っこ」に触れるのだろうと思うのです。根はどこまでもどこまでも伸びて、あなたの内側の一番深いところに達しています。そこにあるものは、見つめていたいものでも、目をそらしたいものでも、あなたの大切な深い部分。わたしたちを自由へと解き放つのは、それに触れることだけであるはずです。



さそり座


まばゆく濃い季節のその「濃さ」にひとつひとつ触れ、ひとつひとつを知って来たところなのだろうと思うのです。あなたの内なる気づきのひとつひとつは、虹色の光となって、あなたの世界を映し出します。外の世界に広がるのは、あなたの「こころ」です。あなたのこころは内にありながら、外にもまた広がっているのです。



いて座


あなたの「こころの水」は、どんどんどん変わっていて、それは、彩りを、質感を、そのすべてをどんどんと研ぎ澄ましているのだろうと思うのです。地下に張り巡らされた水脈は目に見えませんが、それが変わる時、大地は変わります。あなたの大地が変わってきたこと、そのことが何らかの「しるし」によって示されるように思います。



やぎ座


とても特別な時にあります。普段は「愛」を見つけられないような何かにも、すばらしい愛情を認めることができるはずです。大き過ぎる運命であっても、やさしい愛で成り立っているのです。愛だけがわたしたちを解き放ち、愛だけがわたしたちが誰かを自由にすることを赦します。



みずがめ座


面倒くさがらずに担ってみたことが、あなたの足元を、あなたの土台を、あなたが依って立つその場所を、しっかりと育んでいたことを知るのだろうと思うのです。責任は社会が押し付ける面倒な雑務ではなく、愛を表現する大切な機会である。そう知る時、担うことの魔法が虹色の小びんから解き放たれるのだろうと思います。



うお座


あなたの「受け皿」は、とても大きく、広大で、無限になっていて、そこにたくさんの「知恵」を得てきたのだろうと思うのです。より高いところへ、らせん階段をのぼるための知恵。その茫漠とした知恵のエッセンスから、日々を生きるためのヒントを抽出するあなたが見えます。概念にカタチはありませんが、マインドが道しるべを得ることは、いつであってもわたしたちをゆたかで確かな存在へと導いてくれるはずです。

お星さまのくすり箱 満月12のメッセージ

10月19日満月から11月3日新月まで


てんびん座での月食満月(10/19)から、さそり座での日食新月(11/3)へと向かう中、水星は10月21日から逆行に入り、土星、ドラゴンヘッド、太陽と出会います。11月1日には天王星と冥王星がきゅきゅっと90°に。近くの過去/遠い過去を塗り替えながら、変容の物語の新章を紡ぐ、濃厚な2週間となりそうです。すてきな冒険の旅となりますことを!



▷おひつじ座


変化をするのは、大きな変容のため、大きく変容を遂げるのは、果たすべき役割を果たすためです。変化はつねに、誰にとっても大変なものですが、勇敢なあなたは冒険物語の勇者のように、それをやってのけるはずです。遠くにきれいに輝く星が見えます。あなたが大切にしている遠い世界の知恵を目印に、進んでください。



▷おうし座


誰か、そこに気になる人がいるのなら、それが大好きな人でも、大嫌いな人でも、それはあなたへのメッセージ。少し前にした忘れ物、ずっと昔にした忘れ物、そうしたものを取り戻すためのヒントであるのだろうと思うのです。忘れていたと思い出すこと。それだけですでに、そのことを取り戻しているはずです。



▷ふたご座


等身大の自分と向き合う、というのは、簡単なようでいて難しいもの。わたしたちはいつも、自己卑下をしてみたり、自意識過剰になってみたり。でも、この時期、ジャストサイズのあなた、ありのままのあなたを、じっと見つめてみてください。そして、ギュッと抱きしめてみてください。そうすることで、取り戻せるものがいつもよりたくさんあるように思うのです。



▷かに座


混乱と混沌にあるのかもしれませんが、それは creative chaosと呼べるものなのでしょう。創造的な混乱、何かを生み出す混沌。そのただ中にあって、あなたが胸を張って放つ、表現する、「何か」があるようです。そうすることで、あなたは過去を塗り替えてゆくのかもしれません。過去は決まっているものではなく、わたしたちがそこに添える色でしかないのだから。



▷しし座


「家族のこと」で、何らかの到達点に辿り着きつつあるように見えます。それは、ちょっと前の過去や、ずっと前の過去や、そうした深いところをかいくぐった先に見えること。わたしたちは知り、認めることで光を照らします。自分の過去の傷たちを知り、認め、いたわること、そうすることが、大切な人々とのきずなを温めることと、どこかでつながっているはずです。



▷おとめ座


何かに力を込めて取り組んでいるあなたが見えます。炎はそこにありますから、空焚きせずに、それがエネルギーとなることを知りながら燃やし続けてください。それは、大きな宇宙のうねりからも応援されています。不思議な力が働いて、物事が力強く動いても、驚かないこと。相手に移入し過ぎず、自分自身に軸を持って、謙虚さと感謝とともに邁進してください。



▷てんびん座


ソーラーリターンの季節は、気づきの季節であったのだろうと思うのです。気づいたことは、土から目を出し、発芽して、育まれてゆきます。風のように舞うあなたにとって、感覚こそがもっとも深く、信頼できる世界。心地よく感じていること、感じていると思っていたこと、そうしたことにおいて過去に遡り、何かを塗り替えるのかもしれません。



▷さそり座


バースデーシーズンの到来ですね、さそり座さん、お誕生日おめでとうございます!この先を見つめながら、これまでを振り返るのでしょう。そこで、取り戻す何かがあるのだろうと思うのです。ずっと昔に忘れてしまったことを、思い出すこともできるのかもしれません。それが魔法となって、あなたの内に美しい循環の輪が広がるのが見えます。知ること、認めること、それはいつであっても大きな魔法です。



▷いて座


目に見えない世界が、ごそごそと蠢いていて、もしかしたら少し不安な気分になっているのかもしれません。そこでは、必要な調整が行われています。それにともなって、昔のことを思い返す必要もあるのかもしれません。色々な記憶が甦るのは、あなたがそこに新しい色を塗るため。青色だと決めていたあのことは、橙色であったかもしれないし、灰色だと決めていたあの時のあの人は、虹色であったのかもしれません。色を塗るのはわたしたちの仕事なのだから。



▷やぎ座


少しずつ脱皮をしているあなたがいて、ここでまた、ひとつ皮を剥くのだろうと思うのです。もちろん、それはあなたに限らず皆が通っているプロセス。けれど、泰然としたあなたにとってすら、この変容は避けられないものです。鐘の音が鳴る度に、わたしたちはひとつずつ変わってゆきます。あと何回かこの音がして、すっかり新しい自分でいるころには、それが新しい自分であることすら、忘れているのでしょうね。



▷みずがめ座


「やらなければいけないこと」にわたしたちは面倒臭さを感じてしまうのですが、けれど、それは、あなたを取り巻く世界に関わるための入り口なのだろうと思うのです。「やらなければいけないこと」に「やりたいこと」の欠片を見つけることもまた、可能です。そうするうちに、「やらなければいけないこと」はどんどんと彩りを変えて、いつの間にか「使命」に近い色彩を得ているように思います。



▷うお座


あなたに強く働きかける人が現れるのかもしれません。内に抱える水が大きければ大きいほど、働きかけられた時の揺れも大きくなるのだろうと思うのです。そうした「揺れ」に、わたしたちはやっぱり戸惑うのですが、でもそれは、その水を「育む」力でもあるように思います。あなたの内の水が死なないように、育まれ続けるように。そのために、そこにその人がそこいるように思います。


お星さまのちいさなワークショップ、開催のお知らせです。

みなさま、こんにちは!


10月13日にちいさなワークショップを開催することになりました。

ぜひぜひ遊びにきてくださいね。


mahina pharmacy お星さまのちいさなワークショップ


星を読むこと。生きること。


このワークショップではまず、12サインの物語りと、太陽系の物語りを紐解きながら、ホロスコープに込められた「生きること」についてのメッセージに触れてゆきます。そして、ホロスコープの魅力は、その物語りをパーソナライズすることができること。「あなた」において大きな宇宙のメッセージが、どのように響いているのかについて学びます。(占星術にはじめて触れる方に向けたワークショップになります)。


----------------------------------------------


日時:10月13日(土)13:00〜14:30

(待ち合いスペースがございませんので、12:50〜13:00の間にご来場ください)


場所:mahina micro spa (東京都 千代田区 紀尾井町)

(プライベートサロンですので、ご参加が確定した方にのみ住所詳細をお知らせします)


費用:おひとりさま4,000円(バースチャート、ハーブティー、プチメッセージ付き)


持ち物:筆記用具


お申し込み:先着順となります。


お申し込みの際に

①お名前
②生年月日
③生まれた時間(正確な時間が分からない場合はだいたいの時間でも可)
④生まれた場所
の4点をお知らせください。みなさんのバースチャートを準備し、当日お渡しします。

お申し込み、お問い合わせはこちらから。

http://suimizusawa.petit.cc/strawberry1/ 

本文冒頭に「お星さまWS申し込み」と記載くださいね。

お知らせごとなど。

ブログの更新、すっかりご無沙汰しておりました!

ひとまずはお知らせごとなどでございます。


★mahina pharmacy、引き続き鋭意連載中でございます。新月満月に12サインのメッセージとその時の宇宙模様からピックアップしたストーリーを綴っております。月の満ち欠けのリズムを感じながら、月2回の更新をお楽しみにしてくださったら嬉しいです♪


http://www.mahinapharmacy.com/mmagazine.html



★ほぼ日、と言いながら、たまに数日飛んだりするので、マイペース更新(笑)で、その日の宇宙模様をツイッターにてつぶやいております。つぶやく時は朝〜午前中につぶやきます。こちらもフォローくださいませね。


https://twitter.com/suimizusawa



★時折ふらりとバースチャートリーディングをさせて頂いておりますが、そろそろ常時開店する予定でおります。また改めてお知らせしますので、しばしお待ちくださいね。プレオープンにお立ち寄りくださったみなさま、改めましてみなさんの素敵なバースチャートとの出会いをありがとうございました!



★秋冬には、みずさわの占星術ワークショップを開催予定でおりますよ。ベーシックな部分を、たましいと宇宙を込めてきらりと紐解く、そんな内容を予定しております。こちらも詳細が決まったものから順にご案内しますね。



ご案内関連はツイッターをフォローしてくださるのがベストかと。よろしくでございます。

https://twitter.com/suimizusawa



6/4 満月の更新です。


昨日は満月でしたね。mahina pharmacy mahina magazine 新月メニューも更新されていますので、ぜひお読みくださいませね。「お星さまのくすり箱 in mahina pharmacy」ももちろん!12のメッセージとともに、更新されています。いよいよ木星がイングレス、と言うことで、今回はその辺りに触れております。ふたご座が熱いですねー。


あわせまして、ホロスコープを眺めてのひらめき!も、ほぼ日でツイートしております。ツイッターされてる人は、こちらもチェックくださいね!朝9時台〜10時台につぶやいてます。 → https://twitter.com/suimizusawa

「ちいさなたび in かわさき」に参加してきました。
 



昨年秋にスタートした「ちいさなたび(通称ちいたび)」、4回目の週末リトリートが先日行われました。


放射線量の高い地域に暮らすお母さんとお子さんが集まって、週末をほっこりと過ごす、一泊二日のプログラム。ヨガ、手仕事、お外遊び、おいしいマクロビごはん、とリセット&リニューアルを促し、すこやかさを導く内容になっています。


★ちいさなたびオフィシャルサイト 

http://chiitabi.com/



今回は6名のお母さんと12名のお子さんたちが集合。お天気にも恵まれて、さわやかですこやかな2日間となりました。


★2012年5月開催「ちいさなたび in かわさき」の活動報告 

http://ewproject.exblog.jp/m2012-06-01/



シビアな問題があって、ストレスフルな日常がある。そんな中で、少しでも「こころ」と「からだ」をゆるめ、ほぐし、すこやかさへと向かっていただけるように。「ちいさなたび」はそんな祈りをこめて、開催されています。


そしてそして、冒頭の画像は何かと言うと、先日誕生した「ちいたび手ぬぐい」のデザインなのです。キュート!!!もうすぐ夏ですし、海へ、山へ、夏フェスへ、お気持ちの向く方はぜひ、ご購入の上、お出かけくださいませね。わたしも愛用中。山歩きで大活躍でしたよ〜。


★ちいたび手ぬぐい購入方法 

http://chiitabi.com/goods.html




5/21 新月の更新です。
 

いやー、金環食、盛り上がりましたねっ!幅広い地域でお天気にも恵まれて。日本列島大フィーバーって感じでした。お天気悪かった地域にも、同じエネルギーは降り注いでいますので、ご安心を!で、新月でもあるわけで、お星さまのくすり箱 in mahina pharmacyもぴこん!と更新されております。ご覧くださいね。


今回、冒頭のコラムでは「日食・月食」について書いています。月ってやっぱり深いですね。子どもの頃から脈々と積み重ねてきた記憶の集大成。癖として表れるようなその人に根付いていて意識すらされない資質。そして、時として「月は前世の太陽である」とも言われていて。どこまで遡るかは別として、意識されない過去からの記憶の塊のような存在。


太陽は顕在的な意志。わたしたちが意識しているわたしたち自身。食にあたっては、その互いが互いを呑み込むわけで。わたしたちの中の意識と無意識が混然として、そしてまた、すーっと二分化されていくような、そんな絵のように感じたりします。それは、例えば今日の日食中にピンポイントで起こる出来事ではなくて、食の日を中心とした時間軸の中で、巻き起こることなのではないかな、と思います。


6月4日にはいて座の月食が控えています。古来より食と食の間はマジカルタイムと言われております。日食と月食、ふたつでワンセットと考えるんですね。ゆえに、ちょっと不思議な期間に突入です。無意識が意識を呑み込み、そして、意識が無意識を呑み込む。こうして受容し合うプロセスが一巡するのかしらね。


いつもと体調・気分が違うと感じる方もいるかもしれませんが、普段と違うエネルギーが働きかけていると言うことなのでしょうね。さて、何が起こるかしら。せっかくなのでワクワクして過ごしましょう!


にしても、空でパワフルなことが起こっていると、エネルギーが上に持って行かれますね。何だか、昨日辺りからソワソワソワソワしてました。ようやく落ち着いて来たかもー。ふう、っと一息。さ、今日はどんな夢をみるのかなぁ?